スリーエム 3M ファイヤーバリア 電線管工法 DSKシリーズ 10シート入り DSK02 スリーエム ジャパン株 ProTools

42274068

スリーエム 3M ファイヤーバリア 電線管工法 DSKシリーズ 10シート入り DSK02 スリーエム ジャパン(株)
スリーエム 3M ファイヤーバリア 電線管工法 DSKシリーズ 10シート入り DSK02                                                                                                                             スリーエム ジャパン(株)

質量(g):900電線管呼び径104以下、電線管長さ200mm〜400mmに対応可能です

電線管ケーブル貫通部の延焼防止にご使用いただけます貫通するケーブルは325sq、占有率は48電線管ケーブル貫通部の延焼防止に(片壁は現在認定申請中)床、ALC・コンクリート壁、中空壁、片壁の国土交通大臣認定を取得しています

熱膨張性ウレタン工具不要で施工できますDSK-01:G36以上、DSK-02:G28以下(片壁は認定申請中)入数:10枚

手でちぎって、すき間に押し込むだけの簡単施工です0%以下(内線規定の範囲内)床、ALC、コンクリート壁、中空壁、片壁の国土交通大臣認定を取得しています

手でちぎって、すき間に押し込むだけの簡単施工で電線管ケーブル貫通部の延焼を防止します0%以下(内線規定の範囲内)です熱膨張性ゴム貫通するケーブルは325sq、占積率は48主に電線管の太さによって2種類の製品を使い分けますPP製不織布電線管呼び径104以下、電線管長さ200〜400mmに対応可能工具不要で施工できます

花王:フレアフレグランス

総合評価で見事1位に輝いたのは、「フレアフレグランスシリーズ」です。華やかなパッケージは女性に大人気で、香りも女性向けのものが多いように感じられます。

唯一「スイート&スパイス」は中性的なスパイシーな香りなので、甘めの香りが苦手な方からも支持されています。

ライオン:香りとデオドラントのソフラン アロマリッチ

見事2位に輝いたのは、「ソフランアロマリッチシリーズ」です。とてもフレッシュで、本物のお花が香っているような香りで、男性からも支持が高いシリーズだそうです。

ナチュラルなフローラル調はきつすぎず、ほのかに華やかさを演出してくれるだけでなく、香りの持続性が抜群なところも高評価なようです。

P&G:レノアプラス

高い消臭効果が高評価を得ている「レノアプラス」が3位にランクイン!香りでごまかさない徹底消臭効果と、上品でしっかりと残るフレッシュな香りが特徴です。トップ5の中でも断トツで消臭効果が評価されています。

年代や香りの好みもバラバラになりがちなファミリー層に特に人気なのが「フレッシュグリーン」だそうです。爽やかなグリーンの香りで、老若男女に愛される上品な香りです。

花王:ハミング

4位にランクインしたのは「ハミング」です。香りが残るものも様々なシリーズがありますが、香りがほとんど残らないタイプも人気があります。汗の吸水性に優れ、清潔感のある爽やかな印象を保ってくれます。柔軟剤の香りが苦手な方にもおすすめです

今や種類も豊富!柔軟剤選びは楽しい

柔軟剤にもたくさんの種類があって、それぞれ特徴が豊かだということがわかりましたね!柔軟剤が香る人は、とても清潔感があってオシャレな印象がありますし、自分でも良い香りをまとっていると気分が上がりますよね。

これほど、たくさんの柔軟剤が切磋琢磨している時代ですから、自分にピッタリな最高のパートナーを探すのも楽しいかもしれませんね!柔軟剤を取り入れて、オシャレ度もモテ度もアップしちゃいましょう!

肉はどんなものを選べば良いの?

おいしい鍋を食べるなら具材に肉が欠かせませんが、肉を入れるとカロリーが増えてしまうのが気になりますよね。鍋に使う肉はどんなものを選べば良いのでしょうか。

鍋ダイエットを行う時には、 脂身が少なくてカロリーが低い豚ヒレ肉や豚もも肉を使いましょう。 100gあたりのカロリーを見てみると、豚バラ肉は386キロカロリー、豚ロース肉は263キロカロリー、豚もも肉は183キロカロリーとなります。

こうしてみてみると、豚バラ肉のカロリーが高いことが分かります。特に、豚もも肉と比べると、豚バラ肉のカロリーは倍以上となるのです。

また、 豚ロース肉は、豚バラ肉よりもカロリーが低めなので鍋の具材として最適です。 それでもカロリーが気になる場合は、脂身の部分を取り除いてさらにカロリーを低くしておきましょう。

豚ロース肉から脂身を取り除くと、100gあたり60キロカロリーも少なくなります。鍋では、キムチ鍋やみそ鍋などで豚バラ肉を使用するケースが多いです。

豚バラ肉を使うと鍋がおいしくなりますが、カロリーが高いために鍋ダイエットとしての効果は低くなってしまいます。豚ロース肉や豚もも肉など、豚バラ肉よりも比較的カロリーの低い部位の肉を使って鍋ダイエットの効果を高めましょう。

つけダレはどんなものを選べば良いの?

おいしく鍋を食べるならつけダレがポイントとなりますが、つけダレの種類によっては、つけダレそのもののカロリーが高く、鍋ダイエットの効果が低くなってしまうことがあります。鍋ダイエットには、どんなつけダレが最適なのでしょうか。

鍋ダイエットに最適なつけダレはポン酢ダレです。ポン酢はレモンやゆずなどの柑橘系の果汁と酢酸が使われていることから、 鍋にポン酢ダレを使うことでカロリーを低めに抑えることができるのです。

ポン酢のカロリーは大さじ1杯あたり約10キロカロリー、100gあたりで約56キロカロリーとなります。また、鍋でよく使われるゴマダレは大さじ1杯あたり約33キロカロリー、100gあたりで約180キロカロリーとなります。

ポン酢ダレとゴマダレを比べると、カロリーは約3倍もの開きがあることが分かりますね。また、ポン酢はカロリーが低いだけではなく、 柑橘類が材料であることからビタミン類も摂取できるので、健康や美容に最適 と言えます。

味わいが濃厚なゴマダレも良いのですが、あっさり味のポン酢ダレで鍋を食べるとさっぱりとした食感でおいしく鍋を食べることができますよ。ポン酢ダレでおいしく鍋を食べながら鍋ダイエットを行ってみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます